森島平兵衛農園.jpg

農園について

時代が変わっても、

変わらないものを大切に。

森島平兵衛農園は、京都南部にある城陽で、300年以上続いてきた農園です。お米が主な農作物でしたが、高度成長期にかけてからお花の栽培を手掛け、時代のニーズに合わせて作物を変えていきました。時代が変わっても、変わらずに人々に喜ばれるものを作るという先代の教えを踏まえ、私の代からは女性に人気の“いちじく”に挑戦しました。KYOTOいちじくFACTORYは、森島平兵衛農園が企画する朝採り完熟にこだわったいちじくを栽培・製造加工・販売するブランドです。

SC05393_natural.jpg

「このいちじくに出会えてよかった」と 笑顔で話してくれる仲間や お客様がいることに、喜びを込めて 完熟いちじくならではの“感動”を 届け続けていきます。

SC05465_natural.jpg

株式会社 森島平兵衛農園 代表取締役

森島 範紘

もりしま のりひろ

同志社大学商学部を卒業後、流通系システムエンジニアなど経て、2007年に家業の農業を継ぐ。湧水花き、水稲を栽培する傍ら、直売できる果樹として、いちじくを導入。自分ではしっかり者だと思っているが、のん気で忘れっぽい性格であると、妻にはよく言われます。

【好きな漫画】 ハンター×ハンター/レベルE/ジョジョの奇妙な冒険/鋼の錬金術師/百姓貴族

 

アクセス

【電車・バス】

JR奈良線山城青谷駅を出て、南へ徒歩約15分。

近鉄京都線新田辺駅からバスで約15分、山城大橋バス停下車すぐ。

 

【お車】

京奈和自動車道、城陽IC・田辺西ICから5km。

第二京阪道路、学研枚方ICから10km。

※ 駐車場8台